将棋で負けるのは悔しい。
本当に悔しいですよね。

当然の気持ち。

しかし負けた時の悔しい気持ちの処理の仕方が分からない。

将棋の技術指導はいろんなところで教えてくれるんですが、メンタルトレーニングをしてくれる将棋教室はほとんどありません。

しかし、将棋は負けを繰り返さないと強くなりません。羽生さんも練習将棋を含めれば1000回以上負けてますし、私も3000回は負けてます。

強くなるためには負け数3桁は当たり前。

将棋を習ううえで必須のことが「負けてもクヨクヨしない強いハート」を育てること。

でもこれが難しい。明日から身につくものでもないです。
大人でも難しいのに子供となるとなお難しい。
「負けた分だけ強くなる」とはいっても理解するのは簡単ではないです。


そこで一工夫。
負けた方への最大限の激励もさることながら
子供将棋教室では負けることに若干の動機付けをします。
通算負け数でプレゼント。
20敗で将棋消しゴム。
50敗で将棋ノート。
IMG_0012





























負けることもモチベーションに代えて頑張ってほしいですね。