将棋は負けると悔しいし負けてしまう自分に腹立たしく思うときが多々あります。

みんなそうです


そして負けるのが怖くなって指さなくなってしまう方が多々おります。
大人も子供も。

気持ちは凄くよくわかります。


でも、例えばテレビゲームでラスボスはかなりの強敵ですよね。
何回もゲームオーバーになります。
何回ゲームオーバーになっても勇者はラスボスからは逃げないですよね。


でも将棋は逃げるのかな?

勇者はどれだけ相手が強くても逃げません。



強い人と対戦して何度も負かされて、将棋は強くなります

自分より弱い人とばかり将棋を指すことに価値は無いです



長い人生もまた同じだと思います


将棋を通して失敗をたくさん経験し、豊かな大人に育ってほしいと思っています。